伊勢谷惣一郎

吉原彼岸花 伊勢谷惣一郎

吉原彼岸花 的 伊勢谷惣一郎 是一名年輕且事業迅速攀升的迴船問屋(從事海上貿易)。跟女主角凜青梅竹馬,為人謹慎沉穩,待人溫柔。一直思戀著凜,兒時得知凜被賣身遊廓一事,約定日後將親自帶她遠離遊廓。

序幕

肩を借りない (只限可攻略辰吉時攻略出現)
そんなにきっちりしなくてもいいのに / 不用那麼規矩的
青い禰襠 / 藍色禰襠
気分が引き締まる / 能讓人緊張起來
尊敬している / 非常尊敬
謝る / 道歉
目を合わせない / 不與他對視
活け花 / 插花
受け流す / 搪塞過去
お客人のおかげ / 是客人們
千景がかわいそうだった / 千景實在可憐
お願いします / 附和
説得する / 說服她
(私は生き延びたい) / (我要活下去)
誰でも口説いてるんですか?/ 您總是這樣搭訕女孩子嗎?
(心配だわ……) / (好擔心)
行かない / 不去
さようなら / 道別
追いかける / 追上去
Save 1
私を遊女だと思っていなかった? / 他沒有想到我是遊女?
受け取る / 收下
稲荷での出来事を話す / 告訴她在稻荷的事情經過
注がない / 不倒酒
喜蝶に頼る / 依靠喜蝶
助けを求めない / 不求他幫忙
空耳……?/ 聽錯了嗎…?
少し強かったかも / 稍微有一點用力
本当の事を話す / 告訴他事實
早く両親に会いたい / 好想快點見到父母
大丈夫だと言う / 稱自己沒事
驚く / 驚訝
飲む / 喝下
足が痺れた / 腿麻了
忍を酔わせる / 灌醉忍

惣一郎 第一章
懐かしい…… / 好懷念

惣一郎 第二章
Save 2
見舞いの手紙の礼を言う / 謝謝他送來的慰問信件
私をどう思っただろう / 他是怎麼看待我的
私は遊女でしかない / 我只是一名遊女

惣一郎 第三章
少しは話がしたい / 還想再說說話
辰吉に口裏を合わせてもらう / 與辰吉商量好說辭

惣一郎 第四章
覚えている / 記得
2人とも / 自己和他

惣一郎 第五章
惣一郎を信じる / 相信惣一郎

惣一郎 第六章
Save 3
抱かれてきたと言う / 將同床的事情說出口
惣さんに相応しくない / 我配不上他

惣一郎 第七章
何も言わず我慢する / 一言不發地忍耐
納得する / 接受

惣一郎 第八章
惣一郎 第九章
時雨にしかられたくない / 不願被時雨斥責
時雨の許しが出るか心配 / 擔心時雨不會同意

惣一郎 第十章
Save 4
追及する / 問清楚

遠い日の約束 / 久遠的約定(BAD END)

從SAVE 4開始

追及しない / 不問

奈落の果て / 奈落的盡頭 (BAD END)

從SAVE3開始 (※惣一郎以外全角色達到BEST END後)

言えない / 說不出口
惣さんといたい / 想和他在一起

惣一郎 第七章
理由を問いただす / 詰問理由
納得できない / 無法接受
辰吉に頼んで会いに行 く/ 拜託辰吉去見他
嬉しい / 高興
追及しない / 不問

鬼灯笛( BEST END)

從SAVE 2開始

稲荷で助けてもらった礼を言う / 謝謝他之前在稻荷救了自己
嬉しかった / 高興
惣さんも客の一人 / 惣哥哥也是客人之一

惣一郎 第三章
帰らないと…… / 必須回去了…
なんでもないのだと誤魔化す / 找藉口搪塞過去

惣一郎 第四章
…………
惣一郎

惣一郎 第五章
惣一郎を疑う / 懷疑惣一郎

惣一郎 第六章
抱かれてきたと言う / 將同床的事情說出口
惣さんに相応しくない / 我配不上他

惣一郎 第七章
何も言わず我慢する / 一言不發地忍耐
納得する / 接受
そんなことはできない

誰にも譲らない(共通BAD END)

從SAVE 1開始

遊女が嫌いなのか?/ 他討厭遊女?
返す / 推卻
誤魔化す / 搪塞過去
注がない / 不倒酒
喜蝶に頼る / 依靠喜蝶
助けを求めない  / 不求他幫忙
空耳?/ 聽錯了嗎…?
少し強かったかも / 稍微有一點用力
客からもらったと言う / 告訴他是客人送的
早く両親に会いたい / 好想快點見到父母
大丈夫だと言う / 稱自己沒事
怪しい…… / 好可疑
足が痺れた / 腿麻了
忍を酔わせる / 灌醉忍

騒がしい見舞い客 / 喧鬧的來客(Normal End)

>>返回 吉原彼岸花 攻略 主頁<<