諾爾 /ノール

不可逾越的紅花 諾爾在《 不可逾越的紅花 雙月 》中 諾爾(CV:鈴木 千尋)是主要 攻略 角色。國王最信賴的近臣。在政治上有著僅次於國王的發言權。雖然看起來溫文儒雅,有時卻能窺見他以國家為優先,冷血無情的一面。似乎對愛情相關的事物一概不感興趣,即使女性主動靠近他,也只會帶著笑容一直躲避而已。


(……結婚したら見る目が変わるのかしら) / (…結婚後我對奧里的感覺會有改變嗎?)
「冗談でしょう。無抵抗で攫われるような趣味はないの」/ 「你在開玩笑吧?我可沒有乖乖束手就擒的興趣」
(どういうつもりなの、この男……)/(這個男人想做什麼…)
(少しは安心してもいいのかしら……) / (現在是不是能稍微放心一點呢…)
(予想よりも早かったわね……) / (比預想中還快呢)
(勝手な都合で連れてきたくせに……!) / (明明是你任意把人帶來這裡的…)
(ナスラの男じゃないみたい) / (…他感覺不像納斯拉的男人)
「……なんなのよ。もう」/「…什麼嘛。可惡」

—–到此為止共通—–

奥の黒い天幕が気になった / 市集深處的黑色帳棚吸引了我的注意力
(のぞくだけなら……) / (只偷偷看一脈應該沒關係..)
「そんな考えだから女が増えないのよ」/「就是因為有這種想法,這裡的女人少不會增加」
「……おめでとう」/「…恭喜」
「要求を聞いてもらったのなら、礼を言うべき」/「既然你答應了我的要求,道謝是應該的」
「政務補佐の仕事は、そんなに忙しいの?」/「政務輔佐的工作有那麼忙嗎?」
「どこの出身なのか気になって」/「我在想你來自哪裡」
「努力するわ」/「我會努力的」
(信頼してる……ってことかしら)/ (也就是…很信賴他的意思嗎?)
(なんだか引っかかる言い方……)/ (他的說法很令人在意…)
(……当然か) / (…也是當然)
帰ってくるまで待つ / 等他回來
(わざわざ持ってきてくれたの……?)/ (他特意拿給我嗎…?)

—–到此為止跟賽弗共通—-

正門で待つのが礼儀 / 在正門等待是種禮儀
懸命な姿勢まで否定しようとは思えなかった。 /無法否定他那拼命的姿態
(まるで嫉妬みたい) / (簡直像是在嫉妒)
「今度どこかで会えたら、お礼を言いたいわ」/「下次在哪碰見的話,我想跟他道謝」
「貴方のことを知りたいと思っているからよ」/「因為我想知道關於你的事」
「王子は今……幸せかしら」/「王子現在…幸福嗎?」
「もしかして、心配してくれているの?」/「莫非你是在擔心我?」
(でもノールの話が途中なのよね……)/ (但是現在還在和諾爾說話…)
(本当に嬉しそう……)/ (他好像真的很開心)
SAVE 1
「貴方を支えるのは私だけではないわ」/「我並不是唯一支持您的人」
「※ SAVE 留給(艾斯塔 / エスタ)用
「私が、ノールのものだから……?」/「因為我是諾爾的所有物…?」
(あると、したら……) / (如果有的話…)
「っ……」/「…..」
(本当は緊張してるんじゃないかしら……) / (說不定他其實也很緊張…)
SAVE 2
(こんな時にノールの傍を離れられない) / (這個時候不能離開諾爾身邊)

賭けの果て

從SAVE 2開始
(晩餐会にはノール一人がいれば大丈夫よね) / (晚宴只要有諾爾一個人就沒問題了吧?)

紅く染まる空

從SAVE 1開始
「ええ、頑張りましょう」/「嗯、我會努力的」
「私が、ノールのものだから……?」/「因為我是諾爾的所有物…?」
(あると、したら……) / (如果有的話…)
「っ……」/「…」
SAVE 3
(でも、本当に……?) / (可是,真的是這樣嗎…?)

ノール

從SAVE 3開始
「……怒ってないの?」/「…你沒有生氣嗎?」

愛玩奴隷

>>返回《 不可逾越的紅花 》專區<<