斯蘭 / スレン

不可逾越的紅花 斯蘭在《 不可逾越的紅花 雙月 》中 斯蘭(CV:宮下 榮治)是主要 攻略 角色。他是納斯拉軍事司令官。在戰場上有著僅次於國王的決定權。由於經常對異性採取高傲自大、蠻橫不講理的態度,因此遭到盧斯女性畏懼,卻深受下屬信賴。與粗獷的外表相反,斯蘭的頭腦意外地靈活,心思縝密。


(……結婚したら見る目が変わるのかしら) / (…結婚後我對奧里的感覺會有改變嗎?)
「冗談でしょう。無抵抗で攫われるような趣味はないの」/ 「你在開玩笑吧?我可沒有乖乖束手就擒的興趣」
(どういうつもりなの、この男……)/(這個男人想做什麼…)
(少しは安心してもいいのかしら……) / (現在是不是能稍微放心一點呢…)
(予想よりも早かったわね……) / (比預想中還快呢)
(勝手な都合で連れてきたくせに……!) / (明明是你任意把人帶來這裡的…)
(ナスラの男じゃないみたい) / (…他感覺不像納斯拉的男人)
「……なんなのよ。もう」/「…什麼嘛。可惡」

—–到此為止共通—–

子供が気になった / 一名孩子吸引了我的注意力
声をかける/ 出聲搭話
「……ありがとう」/「…謝謝」
「……おめでとう」/「…恭喜」
「違う……んでしょう?」/「不是這樣的…對吧?」
「……それで褒めてるつもりなの?」/「…你這算在讚美我嗎?」
(……とりあえず今は、寝たふりでやり過ごそう) / (…總之,現在先裝睡混過去吧)
対照的な印象を受ける。/ 給人的印象截然不同
「び、美女だなんて……」/「美、美女什麼的…」
(私が初めてだったから……?) / (因為我是第一次…?)
もしかしたら本当に気遣ってくれているのかも……/  也許真的是在關心我…
(何か別の理由があるのかしら……) / (有什麼別的理由嗎…)
「……」
「……どうぞ」/「…請進」
「……嫌」/「…不要」
(いつの間に見られていたのかしら……) / (不知道他是什麼時候看到的…)
「か、勘違いしないでよ」/「別、別誤會了」
胸の奥に妙な痛みを覚えていた。/ 心中感到一陣微妙的痛楚
「あ、有難う……」/「謝、謝謝…」
「お願い! 今私の味方はナランしかいないの!」/「拜託 ! 現在我只有納朗你這個夥伴了!」
『一人の男』として見るようになってしまうのではないかと……/ 而是逐漸把他視為「一名男性」
(別に寂しいわけやないけど……)/ (倒也不是覺得寂寞…)
「もしかして、今朝は体調が悪いの?」/「難道你今天早上身體不舒服嗎?」
(私を理解しようとしてくれているのかしら……) / (他是在努力理解我嗎…)
「そんな……風には思っていないわ」/「我沒…這麼想過」
(……なんて。男の子に言ったら失礼かしら) / (…啊。這對男孩子來說太失禮了)
憎くはない / 不再恨了
(不思議と心が安らぐのよね) / (內心會莫名的平靜)
(そういえば、どうしてかしら……) / (這麼一說,到底是為什麼呢…)
SAVE 1攻略 納朗 / ナラン 時也需要使用
「やっぱり様子を見に行くわ」/ 「我還是去看看情況吧」
(外に行くなら、ナランを呼びに行かなきゃ) / (外出的話,得叫納朗一起去呢)
SAVE 2
(そういえばサラーナが……) / (這麼說來之前莎拉娜才…)
SAVE 3
間者の手を取らない / 不握住間諜的手
(自分で選んだことだもの。後悔はしない) / (我不後悔,這是我自己的選擇)
SAVE 4
スレンを信じる / 相信斯蘭

恋しき戦い

從SAVE 2開始
「そうね、急ぎましょう」/「也是,那快走吧」

罪人

從SAVE 3開始
間者の手を取る / 握住間諜的手

秘めた告白

從SAVE 4開始
スレンを守る / 保護斯蘭

赤い海で

從SAVE 1開始
「……わかったわ」/「…明白了」

壊れた鳥

>>返回《 不可逾越的紅花 》專區<<